税理士に相談すべき事とは?

税理士
住宅ローンについて、税理士の人に相談すべきことは、どのような事柄があるでしょうか?

 

税理士とは?

 

税理士とは、税理士法に定められた国家資格です。

 

税理士は税務に関する専門家として、適切な納税を実現するよう、いろいろなアドバイスを行う立場にあります。

 

税理士の主な仕事は、税務代理、税務署類の作成、税務相談などです。

 

日本税理士会連合会などでは、電話による税務相談を受け付けていたり、インターネットサイトなどで、身近な税理士を見つけたりすることも可能です。

 

税理士の人に相談すべきことは?

 

例えば、住宅ローンを返済している人は、住宅ローン控除の対象になる場合があります。

 

しかし、自動的に住宅ローン控除の恩恵を受けられるわけではなく、確定申告などを行なって、住宅ローン控除の金額を確定して申請しなければなりません。

 

住宅ローン控除などの計算はやや複雑な面もありますが、税理士に代行を有料で依頼することも可能です。

 

また、住宅ローン控除のやり方の質問などは、税理士会などの無料相談などで、回答を受けることもできるでしょう。

 

住宅ローン控除以外にも、住宅を購入する際の資金を親などから援助を受ける場合、状況によっては、贈与税を支払う必要がある場合があります。

 

また、相続時精算課税などを利用して、贈与税を回避する方法もあります。

 

どのようにすれば、税制上最も有利になるか、などを税理士に相談すれば、自分にとって最適な住宅の取得方法についてアドバイスを受けることができます。

住宅ローン相談でおすすめの銀行ランキング!2017年11月