住宅ローン返済が困難な場合の相談先は?

相談
長い住宅ローンの返済期間中には、思わぬ出費が必要で、住宅ローンの返済が困難になる危険性もあります。

 

仮に、住宅ローンの返済が困難になった場合、どこに、どのような相談をすべきでしょうか?

 

銀行への相談

 

うっかり住宅ローンの返済を行う口座に入金を忘れていたなどのミスにより、住宅ローンの返済決済が行えなかった場合、銀行から決済が行えなかった旨の連絡が入りますので、速やかに指示したがって入金するなどの措置を取れば問題はありません。

 

しかし、住宅ローンの返済そのものが困難になった場合、最も望ましい対応は、決済期日が過ぎる前に銀行へ自発的に連絡・相談することです。

 

なぜ、住宅ローンの返済が困難になっているのか、いつになれば返済が可能になるのか、などを相談すれば、場合によっては、元金据置の措置をとってくれる可能性もあります。

 

最も避けるべき状態は、銀行からの入金催促などを含めて全て無視して、長期間にわたって延滞した状態を続けることです。

 

一般的に、3ヶ月程度延滞した状態になれば、住宅ローンの弁済が行われることになります。

 

弁護士への相談

 

住宅ローンの長期延滞が避けられない状況になった場合、弁護士へ相談することもひとつの方法です。

 

保証会社の弁済が行われた場合、住宅が競売にかけられて安く処分され、なおかつ退去を要求される事態になりますので、弁護士のアドバスによってそれらの最悪の状況を避けるようにすべきです。

 

例えば、個人再生や任意売却など、いくつかの選択肢が考えられます。

住宅ローン相談でおすすめの銀行ランキング!2017年11月