ファイナンシャルプランナーに相談するには?

アドバイザー
住宅ローンの相談をファイナンシャルプランナーにすることも可能です。

 

ファイナンシャルプランナーとは?

 

ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収支・負債・家族構成・資産状況などに応じて、住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業です。

 

ファイナンシャルプランナーとして認定する国家資格には、ファイナンシャル・プランニング技能士(1級〜3級)があります。また、CFPやAFPによる民間の資格もあります。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するには?

 

ファイナンシャルプランナーに相談するためには、まずファイナンシャルプランナーを探さなければなりません。

 

ハウスメーカーやデベロッパーなどから紹介してもらうこともできますし、インターネットなどを使って検索したりして見つけることもできます。

 

ファイナンシャルプランナーは、独立した職業としている人も多く、基本的に有料で相談することになります。

 

ただし、幅広く顧客に声をかけてもらうために、初回のみ無料で2回目以降の相談から有料、など料金を設定しているファイナンシャルプランナーもいるようです。

 

比較的単純な相談であれば、無料相談で事が足りる場合も有り得ます。

 

ファイナンシャルプランナーは、単に現在と住宅ローンの支払い額の関係からアドバイスするだけではありません。

 

今後の家族構成によって子育てや教育にかかる費用や老後の費用など、住宅ローン以外にも人生全体でどのような費用が必要になるかをトータルで検討し、アドバイスを受けることができます。

 

ファイナンシャルプランナーに相談することにより、住宅ローンの支払いばかりを考えていて、その他の必要な資金を見落としていたなど、住宅ローンの返済が困難になるリスクをある程度避ける事ができます。

住宅ローン相談でおすすめの銀行ランキング!2017年8月